人は私をクレイジーと呼ぶ

3DCGデザイナー絵描きプログラマー氷音の備忘録

Live2DとUnityで奥行きのあるインタラクティブに動くイラストを作ってみる

今年のLive2D Creative Awardsは2作品用意していまして

こちらは去年の改良版としてリベンジです!

(去年、おそらく審査時にエラー吐いててサイトが見れなくなってしまってたのはナイショ♡)

去年は原画作りとモデリングとプログラミングでいっぱいいっぱいだったのでいろいろ改良しました

 

大体の内容

 まあできることは

  • マウスカーソルを動かすとそれに対応してパラメータが動く
  • クリックでランダムにモーションを再生

これだけです

 

去年作ったのは旧式ってことで残してありますが

スマホの傾き(正確には加速度センサー)に対応して動かしてたのですが

Unity側のなんだそので動かなくなってしまいました/(^o^)\

元々、Uinty webGLスマホ対応していないものなので動作が不安定なんです

アプリとして書きだすのが確実なのですが、それほど内容が濃くない!無理!

もっとコンテンツが増えたらアプリにするのもいいかもしれませんね

 

 …ということで、PCに正式対応するのとスマホ対応を無しにしたのが

今回の新しいページでございます

 

あと簡単に音もつけてみました リッチになりましたね

 

使用バージョンと素材

使用したバージョンは以下の通り

  • Unity 2019.2.0f1
  • Post Processing 2.1.7
  • Live2D SDK Cubism 4 SDK for Unity beta1

Live2Dモデル自体は去年の使いまわしなのでCubism3.3ぐらいですかね

 

 BGMはこちらをお借りしました

クリック時のSEはこちらをお借りしています

 

もっと奥行きを出してみよう

 この作品はとにかく奥行のあるLive2Dモデルを作ることが目的でした

そしてスマホで観たら奥行きがあってフシギだな~って作品の予定でした

…が!スマホを切り捨ててもっと奥行きを!

f:id:hyone-achochochocho:20191024212607j:plain

この新バージョンのシーンデータなのですが

こんな感じにモデルを「前景」「キャラ」「後景」の3つに分けて書き出して

位置と角度を変えてカメラで映しています

ちなみにカメラはperspectivにしてパースを利かせてちょっと斜め上から撮影するようにしています

これだけでだいぶ変わりましたねー

 

ただし、Live2DはZ軸の重なりに関係なく描画されるので

「Cubism Render Contr」の「Sorting」でうまく調節してあげてください

 

あと同じモデルを3つ複製してそれぞれパーツを非表示にして同じく3種並べてたんですが、

描画が上手くいかなかったのでちゃんと書き出しデータをいくつか用意するのが吉

 

画面をもっと盛る

Unityの画面を盛るのにもはや必需品の「Post Processing」

詳しくはこういうページをみてもらうとして

gametukurikata.com

今回使ったラインナップはこちら

  • Vignette(画面端を暗くするヤツ)
  • Bloom(ほんのり光らせるヤツ)
  • Chromatic Aberration(色収差のヤツ)
  • Grain(ノイズのヤツ)

 前も使ってましたが重くなりそうなんで少しだけ使ってたはずです

 

Before

f:id:hyone-achochochocho:20191024211901p:plain

After

f:id:hyone-achochochocho:20191024211927p:plain

だいぶ雰囲気出るのでUnity使うときは問答無用で使って欲しい

 

めっちゃ奥まであるみたいだよ!

この新旧2つのページを見比べてみてくださいよ!

※新のほうは音が鳴るので注意

 

パラメータの数字をいじったのもありますが、このグリグリ感!

存在感あっていいですね~

 

次回以降の作品について考える

やっぱ次はここをタップしたらこのアニメを再生~とかして

バリエーションを増やしたいですね

この骨女ちゃんは全体のxとyを設定したがゆえに

全然キャラ動かせなかったんです!!地味!丁寧だけど地味!!

前に作ったジャグリングもですけど、労力の割に動いているように見えない我がモデル

その分丁寧に違和感なく動いている証拠ですけどね

 

今回は背景もLive2Dモデルでしたが、3Dで作っても面白そうですね

背景は魚眼風でパース的に正しくないのですがまあ所詮背景、手抜きでいいですね

 

アセットストアに2Dライトとか使おうと思ったのですが、

見つけたやつは影を出すためにはColliderを設定する必要があり、

Live2Dはメッシュの形状に合わせてColliderを変形!とかが出来ずに今回は断念しました

不透明部分にCollider当てるとかできれば使えるのかな?使えたら楽しそう

 

あと2Dのノーマルマップを割り当ててもいいと思います

 このツイートのような表現ができるとまたリッチになりますね

 

Live2D動くイラストたのしい!

Live2Dだけでも楽しいですが、こうやってプログラムで動くとさらに楽しいです!

Unityと組み合わせればいろんな表現ができると思うのでこれからもいろいろ作りたいです

 

 

絵とかイベントとかいろいろ呟いています フォロミー!

学校での作品のモチーフについて

熱が出て体が痛くて座れなくてずっとベッドの上でスマホいじる生活2日目

流石にSNSも飽きてきたので作っただけで放置してたブログでも書こうと思った

 

 

私はダークなモチーフが好きです

ティムバートン監督に出会ってから「暗いものも描いていいんだ!」と気がついて

それからずっとダークテイストを目指しています

ただ、去年までは自分がダークなもの描いてるのもホラーテイストなのも

過激でゴアなもの作ってる自覚がなかった

絵垢のフォロワーさんの多くはダークテイスト絵描きだしリョナラーもいるし

それに比べると自分の絵柄やイラストには個性が無いと本気で思っていました

毎晩海外サスペンスドラマを観る生活を5年ほどしてたので

死体が珍しいものでもグロいものだとも思わず普通のものだと思っていました

(今も観てます クリマイいいですよね)

 

学校に入学して初めてのmayaの授業

建物や部屋というテーマを与えられて、講評の時にみんなは可愛い家や

和風の部屋を発表している中、

私は本当に普通に「女子高生をストーカーして盗撮写真を飾って相手の唇を切り取って

瓶に保存している強迫性障害の殺人鬼40代男性」の住む部屋を作っていました

それ解説したらそりゃ一瞬教室の空気固まりましたね

それ以来あだ名は「サイコパス姉さん」

わたしゃサイコチックかもしれぬがサイコパスじゃないぞ!

 

あとBONESで観た死体農場っていう人の死体の死後の経過を研究する場所に

興味があったのでモデリングしようとしたら先生からストップをかけられました

それで地面にケチャップと骨が埋まった人食いトマトの研究所を作ったら

ギリギリって言われました

別のデザインの授業でウジ虫のロゴマークを作ろうとしたらアウト判定をもらいました

私が任天堂とかのかわいいデフォルメデザインのゲーム会社目指してるので

プロフィール画像にしていた骸骨のアイコンもこれでいいのか?って指摘されましたね

 

もう覚えきれないほど色んな指摘を色んな先生からされました

でも本当に私は真面目にいいものを作ろうとしてこうなってるんです

死ってモチーフも謎めいてて冷たくて狂気的で題材によくしますし、

みんな死ぬんだからなんでそんなストップかけられるんだって今でも思いますよ

TVのグロ規制もコナンは綺麗な死体から墨汁流してたりするのに

海外は紫斑がついて皮が剥がれたりバラバラだったりしますしね

でも1年かけて外の世界で作品を作るようになって分かってきました

…TPOってやつをな!(コナンの解決BGM)

 

 

趣味ではどんだけやってもいいからとか

美術系の先生には自由にやれって言われたりするんです

だから“学校”や“社会”として死体は不適切なんだと最近ようやくわかってきましたよ

扱いはエロと一緒です

学校でエロゲなんて作れないしエッチな絵を展示しても引かれるだけ

 

まぁ美大の卒展とか行くとエロティックモチーフなんていっぱいありますし、

なんなら何故かうちの学校はパンツのゲームの企画はウケ良かったですがね!

おっぱいデザインとかゴロゴロあるけど内臓はダメみたいな雰囲気です

これがサブカル系学校、不自由な場じゃ

 

女性の裸体モデルとか作りたいんですが、多分ダメ出しもらいます

制作意図は人体の美しさを表現してもそこを汲み取る人は多分日本に少ない

この間の表現の不自由展なんかいい例です

反日的だって慰安婦像が大炎上してたけど、

あれは少女の気持ちになって慈しむ作品であって政治的な意味は薄い

結局表面を見て乳首はダメ血はダメと判を押す

女性キャラの乳揺れや手を出さなければロリコン最高みたいに隠れた性消費は素晴らしい文化とか…

フェミニストとオタクが対立するのもわかります 視点が違うんですもん

 

 

何が言いたいかって言えば自分の作品を客観的に見れるようになってきたことと

少なくとも今の日本では死体や血はR18なんで

一般の目に触れてはいけないってことですかね

暗いモチーフもいい印象を持たれにくい

猟奇的すぎるとどんだけ徳を積んだ人でも人として何か疑われてしまう

 

めちゃくちゃ作りにくくて困るし

精神的にだいぶ参ってしまってるこの数ヶ月

結局何を作ればいいんだろう……